2018.11.01

定義如来西方寺

宮城県仙台市で800年の歴史を持つお寺「定義如来 西方寺」さまのWebサイトを制作しました。

課題

東日本大震災以降、参拝者・ご祈祷者の減少と高齢化に伴い、今後はより若い世代にお寺を知ってもらい、足を運んで頂けるようにする必要がありました。
そのためには改めてお寺のことや、秘仏の重要性を伝えることで、定義西方寺で受けられるご祈祷に対して、若い世代が希望や期待を持てるような魅力を伝えることが課題でした。

解決策

若い夫婦が境内を巡る映像をサイトの随所で起用しました。
ご祈祷を受けているシーン、境内を巡るシーンなどの映像を配置することで、お寺での過ごし方や雰囲気を感覚的に伝えつつ、歴史や背景といった詳しい情報がページを通して見られるように設計しています。

結果

サイトからのお問い合わせが増え、ユーザーとのコミュニケーションが活性化しただけでなく、若年層向けの雑誌出版社や旅行代理店からの問い合わせも増加。新しい参拝者とのご縁を広げる機会が増えました。

Webサイト/トップページ(PC)

Webサイト/トップページ(スマートフォン)

お問い合わせ

MDMでは、お客様のご要望をしっかりと伺った上で
明確な費用や納期、ご提案内容をお伝えしています。
まずはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら